ほんまる歯科医院

インフォメーション

2019年02月02日

治療のご案内

マウスピース矯正

前歯の歯並びのマウスピース矯正~インビザラインiGO~

みなさん自分の歯ならびに自信を持っていますか?歯ならびがきれいな笑顔は、美人の条件ともいわれ、第一印象を良くします。2014年に実施されたアラインテクノロジー社の調査(対象2000名)では、歯並びは第一印象に影響する?の問いに対し、78.3%が影響する、と回答しています。この記事では、前歯の歯並びに特化して開発されたインビザラインiGOというマウスピース治療法に関して詳しく解説します。

 

1.マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、透明に近いマウスピース(アライナー)を患者さん自身が歯に装着して歯ならびを矯正する治療法です。一人ひとりの歯にあわせて作製されるアライナーを、1週間~10日ごとに交換しながら徐々に歯ならびを良くしていく矯正治療です。

 

1-1.前歯の歯並び矯正に特化したマウスピース矯正インビザラインiGO治療とは?

インビザラインiGOは、見えるところの歯(正確には第二小臼歯間)の矯正が適応症です。その範囲内の、軽度の空隙、軽度の叢生、八重歯、矯正の後戻りの改善に適切です。いわゆる「目立つところだけを短期間で治せる矯正治療」です。

1-2.他の矯正治療法は?

歯列矯正には、複数種類があり、主なものとしては金属ブラケット、セラミック(審美)ブラケット、裏側(舌側)矯正、マウスピース矯正などがあげられます。それぞれに得意分野がありますが、裏側矯正とマウスピース矯正はデジタルテクノロジーを駆使して患者さんの負担を軽減した比較的新しい治療法です。

 

1-3.マウスピース矯正インビザラインiGOのメリットとは?

患者さんが矯正治療をためらう大きな原因として、ブラケットとワイヤーを付けるのがつらい、矯正期間が長い、という2つの理由があります。その他にも矯正治療には問題点がありました。ここでは、問題点ごとのインビザラインiGOのメリットを解説します。

ブラケットと針金が目立つのがいやだ
透明なアライナー(マウスピース)なら、目立ちません。テレビに出ているタレントの中にも、つけている人はいます。

 

矯正治療期間が長い
通常の矯正治療は治療期間が2年程度ですが、インビザラインiGOの治療期間は6-10カ月です。事前にコンピューターシュミレーションで歯の動きを予測し適応症を選択するため、治療が6-10カ月で終了します。

 

ブラケットとワイヤーが痛そうだ
ブラケットとワイヤーが頬や舌にあたっていたそうだ、というイメージがあります。マウスピースなら装着時の痛みが、ブラケットとワイヤーに比べて少なかった、という報告があります。

 

治療費用が高い
矯正治療は、2018年現在おおよそ100万円前後します。インビザラインiGOでは40万円程度とリーズナブルな治療費に設定されています。

 

治療した結果、歯がどう並ぶのかがイメージしづらい
従来の矯正治療では、治療開始時にはどういう歯並びになるんだろう・・と治療終了後のイメージがしづらい、という欠点がありました。インビザラインiGOでは、治療開始前にコンピューターシミュレーションによる画像を見ることができます。また、治療のシミュレーションは520万人のビッグデータに基づいているため、治療結果の信頼性がとても高い治療法といえるでしょう。

 

1-4.マウスピース矯正インビザラインiGOがうまくいかないたった一つの理由とは?

ではインビザラインiGOにはデメリットはないのでしょうか?実はインビザラインiGOによる矯正治療が上手くいかない場合はたったひとつ理由があります。それは、患者さんがアライナーをつけてくれないことです。
アライナーの装着は1日20時間以上が推奨です。もし1日20時間以上装着する習慣化に自信が持てない場合にはマウスピース矯正以外の治療法を検討した方がいいでしょう。

 

2.歯ならびのお悩みチェックリスト

これらに当てはまる方は、インビザラインiGOの適応症です
・前歯の歯並びを少しだけ治したい
・すきっぱを治したい
・出っ歯を治したい
・八重歯を治したい
・以前矯正治療をしていたが、後戻りがあるのでなおしたい

 

3.前歯の矯正であなたが得られるメリットとは

3-1笑顔の第一印象が良くなる

78%の人が歯並びは第一印象を左右すると答えました。また、歯並びのいい人のイメージについては、「健康そう」「清潔感がありそう」「育ちがよさそう」「誠実そう」「優しそう」という回答が得られ、会ってみたいと思う人とのイメージと重なっている傾向があることがわかりました。

詳しくはこちらをクリック【歯並びスマイル】笑顔が鍵!

 

3-2歯みがきが楽になる

歯みがきの磨き残しに関する実験では、「歯並びが悪いと、3分磨いても歯垢は落としきれない」という結果が報告されています。また、ブラッシングが適切に行えていないことにより、むし歯や歯周病のリスクが高まり、口腔内の健康が維持できない可能性が高まります。

詳しくはこちらをクリック【歯並びスマイル】歯みがきの磨き残しに関する比較実験

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

“歯並びを治すときに、歯を削って治す治療(セラミック矯正)をすすめない3つの理由とは?”
1予後が良くない。再治療が必要になる
歯を削ってしまうためむし歯になりやすくなります。加えて、無理やり歯の軸を変えたかぶせものは、予後や成功率が下がったという報告があります。また歯の色や歯ぐきは経年的に変化するので、将来再治療が必要になる場合があります。
2治療費に差がない
歯を削って治すセラミック矯正の費用は30万円から50万円、インビザラインiGOは40万円程度と治療費用はほとんど差がありません。
3.将来、治療範囲が拡大する可能性がある
歯を削って治す治療には、歯の神経の治療が必要になる場合があります。歯の神経を治療した歯は、治療していない歯に比べて抜歯になるリスクが高くなるため、将来治療範囲が拡大する可能性があります。

このように歯を削って治す治療(セラミック矯正)は、治療期間が短いメリットに比べ、デメリットが多すぎます。インビザラインiGOなら治療期間中も目立たずに、歯並びを改善することができます。かつ歯を削って治すセラミック治療費と差がないなら、再治療のリスクが少ないマウスピース矯正が良いことがおわかりになると思います。

 

4.まとめ

マウスピース矯正インビザラインiGOは、前歯部を対象とした歯列矯正治療です。口を開けるときに目についてしまう前歯の歯並びを矯正し、きれいな歯並び、理想的な笑顔に近づけていきます。最大のメリットはiGOアライナーは透明で目立ちにくいため、装着していることが周りの人に気づかれません。もしあなたが歯並びで気になっていて、歯を削って治す治療をかかりつけの歯医者さんからすすめられたとしたら、ぜひ一度インビザラインiGOをしている歯医者さんに相談してください。