ほんまる歯科医院

インフォメーション

2019年02月19日

こんな症状でお困りの方

歯ならびやすきっ歯を治したい

矯正治療~矯正専門医や認定インプラントが来院して詳しい相談や治療を行います

「歯並びが気になる、噛み合わせが悪い気がする」とお悩みの方々のために、歯並びを矯正し機能的かつ美しくするための治療が矯正歯科です。

最近の厚労省による歯科疾患実態調査の報告によると、歯並びが良くない(噛み合わせが悪い)ために、しっかりと噛めないお子さんが増えているそうです。

学校の歯科検診などでも従来からある「虫歯のチェック」に加えて「歯並びのチェック」も行われるようになったため、各家庭でも歯並びの大切さが認識されるようになりました。
ほんまる歯科では、生活する中で比較的時間に余裕のある幼少時に歯並びをしっかりと治すことで、お子さんの健全な発育につなげていけるような治療を提供しています。

【歯並びが悪いままになっていると...】
■食事のときに食べ物をしっかりと噛めない
■虫歯や歯周炎/歯周病の発症リスクが高くなる
■顎の正しい発育が阻害される
■喋るときの発音がはっきりしない

【悪い歯並びの主な例】

上顎前突
【上顎前突】

下顎前突
【下顎前突】

開咬
【開咬】

叢生
【叢生】

空隙歯列
【空隙歯列】

「矯正治療は、装置が目立ってしまうからやりたいけど躊躇している」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。 しかし矯正の治療法も、従来からある「銀色のワイヤーと金属製のブラケット」による方法から発展して、矯正装置も透明な物(クリアブラケット)や裏側に付けることで目立たない矯正方法(リンガル矯正)も考案されています。

ほんまる歯科では東京医科歯科大学の矯正専門医が診断・治療にあたります。
正確な診査・診断に基づく治療計画を提案させていただくため、治療の前には歯科用CTスキャンを使い精密な「頭部規格写真(セファロ)」を撮影します。
その後に、患者さんに合わせた治療計画の立案と治療費の見積りをおつくりします。そして治療計画に納得いただいた上で矯正治療をはじめていきます。

少しでも矯正治療についてお聞きしたいと思われる方には、無料相談も行っておりますので、お気軽に医院にお問い合わせください。

矯正治療のながれについて

まず歯形・顎・歯全体のレントゲン写真、顔のレントゲン写真、口の写真、顔の写真などの資料採得を行います。
これらの結果をもとに診断を行い、不正咬合の状態・治療の具体的な進め方・治療に要する期間・治療費などについてお話しいたします。

矯正治療の種類について

矯正治療法には1本から数本の歯を動かす部分的な矯正と全ての歯を動かす矯正があります。
歯並びを治すためには、全般的矯正が必要となりますが、部分矯正で治療可能な場合もあります。
矯正の種類は下図などですが、患者様の状態やコスト的なことにお応えして、治療をはじめていきます。

歯科口腔外科~専門医による詳細な診断と治療を行います

みなさんは口腔外科と聞いて、どんな病気や疾患を扱う診療科かおわかりになりますか?

当院の口腔外科部門で行われる外科処置は、入院施設や全身麻酔の設備を持っていませんので、局所麻酔あるいは笑気精神鎮静法の併用によって行うことのできる範囲の手術に限られます。

当院では月2~3回、東京医科歯科大学の口腔外科専門医による診断・治療日を設けております。

診査の結果、より詳しい検査や入院下での管理が必要であったり、全身麻酔での手術が必要な場合は、より高度な設備の整った東京医科歯科大学病院や総合病院内の歯科口腔外科を紹介いたします。