ほんまる歯科医院

インフォメーション

2022年08月03日

イベント&研修情報

興地教室のエンド臨床 マイクロスコープとNiTiファイルとMTMに参加してきました

先日、東京医科歯科大学で行われた興地教室のエンド臨床 マイクロスコープとNiTiファイルとMTM に参加してきました。

エンド(根管治療)とは、歯の中の神経の治療のことです。
歯の中の神経は本数や形が正確には決まっていません。個体差があります。
また、途中で分岐したり合流したりとても複雑です。そしてそれらは歯の根っこの中であり、歯茎の下ですのでなかなか直視では見えにくいのが現状です。
今までは、手用の器具で手の感覚を頼りに治療をすることが多い治療でした。
今回のセミナーでマイクロスコープという顕微鏡で実習をしてみて、普段見えにくい根管内を明るく、拡大してみる体験をしました。
また、NiTiファイルを使用し電動の自動モーターで抜去歯を使用して操作の手技を学びました。
それらの技術を使えば現在よりも根管治療の治療成績が良くなることが期待されます。
今回学んで、体験したことを日々の診療にいかしていきたいと思いました。 

                 
歯科医 南波